「そのお金どうしたの?」家族に現金化やローン、副業を内緒にする方法

家族に内緒の借金がある、家族へサプライズプレゼントを計画している、じつは夫の生活費が足りていないなど、秘密はいけないこととはわかっていても、お金に関することは、家族であっても秘密にしたいという人もいるでしょう。
しかし、ちょっとした油断で家族に秘密を知られてしまうことも!平穏な家庭を守るために、お金に関する秘密をキープする方法を紹介していきます。

借金の場合

クレジットカードのキャッシングや、現金化、カードローンなどによる借金を家族にバレにくくするための方法とは?

自分名義のクレジットカードを使う

基本的にクレジットカード規約では、名義人以外の人がクレジットカードを使ってはいけないことになっています。
とはいってもネットやATMの取引では本人ではなくても、簡単に使えるということはあります。
しかし、利用した代金は名義人の口座から引き落としとなっていることが、ほとんどだと思いますので、なにかあった時には、バレやすいということがあります。
少しでもバレないためには自分名義のカードで、キャッシングや現金化を行うようにしましょう。

引き落としを管理する

クレジットカードを使ったキャッシングや現金化の場合は、引き落としの明細や、口座の引き落とし額から家族にバレてしまう可能性があります。
そのため、引き落としの通帳や明細書はあなたが管理するのが1つの方法で、明細書は郵送だとみられることもあるので、WEB明細にして毎月の引き落とし額の案内などは自分専用のメールアドレスに届くようにしましょう。

郵便物の管理

現金化業者の場合では、キャッシュバック式で購入した商品が自宅に送られてきます。
その際、自分が確実に自宅にいる時に届けばよいですが、時間帯を指定できない場合などでは、難しいこともあります。
そんなときは、最寄りの郵便局やコンビニで荷物を受け取るサービスを利用することで、こっそりと荷物を受け取ることができます。
また、借金に関する郵便物が頻繁に届くという方は、郵便物を最寄りの局に局留めとすることができます。
ただし、局留めは家族1人だけという対応はできず、家族全員分の郵便物が局留めになりますので、場合によってはさらに怪しまれる可能性もあります。

任意整理をする

任意整理とは借金を返済することが難しい方が、弁護士の力を借りて、融資者と交渉してもらい借金の減額を試みる方法です。
借金を整理する方法には、ほかに自己破産や民事再生といった方法もありますが、任意整理の場合は、弁護士と融資者との話し合いということで、裁判所を通すとったこともありません。
債務整理をすることで借金の減額だけではなく、ビクビクしていた督促状を泊めることも可能です。
任意整理の状況や結果などについて、弁護士から郵便物が届きますが、こちらは弁護士に依頼することで、家族にバレにくい方法で郵便物を送ってもらうことも可能だと思われます。無料で相談に乗ってくれる弁護士もいますので、まずは一度相談してみるとよいでしょう。

副業をバレにくくするためには

専業主婦でもブログやネットショップ、チャットレディなど家族のいない時間を使ってお金を稼いでいる人もいます。
副業を家族にバレないためには?

スマートフォンやパソコンはロックをかける

副業を行うには、スマートフォンやパソコンが必須アイテムといえます。
しかし、副業で使っているスマートフォンやパソコンを、家族の誰でも見れる状況だと、バレるのは時間の問題です。
スマートフォンやパソコンは自分専用にして、デスクトップにロックをかけましょう。
パソコンを共有にしている方は、タブレッドや格安のパソコンならば1万~5万ほどでも入手できますので、リスクを減らすために専用のものを購入した方がおすすめです。

専用メールアドレスを作成

YahooやGmailなどで自分専用のメールアドレスが無料で作ることができますので、副業専用のメールアドレスを持ちましょう。
このときアカウントが家族と共有にならないように注意します。

ネット銀行で専用口座を作る

通帳のないネット銀行は、いつでも取引ができるので副業用の口座として便利です。
早いところでは、ネット上で、即日に口座開設できるところもあります。
申し込みの際、ネット銀行からのお知らせは副業専用メールアドレスに届くようにします。

主婦の方は103万円の壁に注意

主婦の方ならば夫の扶養に入っている方が多いでしょう。
その場合、妻の収入が103万円を超えると配偶者控除が適用されず、夫の手取り額が減るので夫にバレるきっかけになります。
また、マイナンバーの導入にともない、無申告はバレるリスクが高いので注意しましょう。

副業禁止の会社員は難しい

会社員の場合は、住民税が会社に引き落としされる、年末調整を会社が行う、そしてマイナンバーの導入もともなって副業を家族にバレずには行えても、会社にバレずに行うことは難しいといえます。
副業が会社にバレて、ペナルティやクビにでもなれば結果として、家族にバレてしまう原因にもなりかねません。
現代では少しずつ副業を許可する会社も、現れはじめましたので、会社員の方は許可を得て副業を行う方が安全です。

ショッピング枠現金化がカード会社から禁止される理由…バレない方法は?

「クレジットカードカード現金化は、違法ではないがカード会員規約に違反する」という事実は、広く知れ渡っています。
しかし、よく考えてみると、なぜショッピング枠の現金化はカード会社から禁止されているのでしょうか。厳しい規制の謎に迫ります。

なぜカード会員規約では、ショッピング枠現金化が禁止されているのか?

貸し倒れのリスクが高まる

1つ目の理由は、カード会社がお金を回収できなくなるリスクが上がるからです。そもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金化する人は、多重債務者であるなど、通常の借金ができない事情を抱えた人が大半です。

また、カード会社がお金を貸す場合、いわゆるカードローンの利用は、厳しい審査をクリアした上で限度額が決定されます。他方、ショッピング枠の現金化は、審査が必要ありません。カード会社からすると、審査せずに多額のお金を貸しているのと同じですから、こんなに怖いことはありません。

総量規制に違反するおそれがある

また、カード会社の中では「ショッピング枠現金化は、実質的には借金と同じ」という考えが一般的です。貸金業者は、総量規制を守らなければなりません。すなわち、年収の3分の1以上のお金を貸し付けることは、貸金業法で禁止されているのです。

高額なクレジットカード現金化を行なっていたり、借入総額が年収の3分の1を超えていたりすると、カード会社等は貸金業法違反に問われる可能性があります。

カード会社にバレたらどうなる?

では、もしカード会社に現金化していることが知られたら、どのようなデメリットがあるのでしょう。

カード利用停止処分になる

カード会社に現金化がバレたら、カード利用停止処分となり、クレジットカードが使えなくなります。さらに、カード代金の一括返済を求められることもありますので、注意しましょう。

自己破産できないおそれがある

もし、不幸にも多額の債務を抱えて返済できなくなった場合、自己破産という方法も視野に入ります。しかし、クレジットカードカード現金化は、破産法の「免責不許可事由」に該当しており、自己破産しようとしても免責されないという事態に繋がる可能性もあります。

バレずに現金化を行う方法

このように、現金化を行う場合は、決してカード会社にバレてはいけないことが分かりました。では、バレずに現金化するための注意点をお伝えします。

現金化業者を利用する

専門の業者を利用すれば、現金化がバレるリスクを大幅に下げられます。現金化業者はキャッシュバック方式を採用している所が多いです。キャッシュバック方式とは、業者が指定する商品を購入し、キャッシュバックとして現金を受け取る方式です。そのため、利用履歴に載るのは、換金性の高い商品ではありません。カード会社に利用履歴を確認されても、気づかれにくいのです。

換金性があるものの大量購入は避ける

一方、自分で現金化するときは、注意が必要です。例えば、自分に全く関係ない区間の新幹線チケットを急に大量購入した場合、カード会社に現金化を疑われることがあります。最初は少額からの現金化がおすすめです。また、カード会社から確認の電話が入った際には、言い訳を考えておきましょう。

キャッシング枠を使い切らない

最近は、カード会社による監視が厳しくなっています。カード会社の人が、ショッピング枠現金化している人を探すときは、まずキャッシング枠を使い切った人から目をつけるようです。そのため、現金化するクレジットカードのキャッシング枠は、それほど使わない方が良いでしょう。

まとめ

今回は、カード会社が現金化を禁止する理由と、カード会社にバレずに現金化する方法をお伝えしました。ショッピング枠現金化する際は、上記注意点を守った上で、カード会社に目をつけられないように気をつけてください。

店舗型の現金化業者には悪徳業者が多いって本当?メリットとリスクを徹底検証しました!

クレジットカード現金化が金策として広く用いられるようになった最近は、オンラインで運営を行う業者も増えてきました。

ネット完結型の業者に関しては、マネーリサーチで現金化業者の比較ができるので、即日・簡単に現金化をしてみたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

一方、依然として従来の「店舗型業者」も数多く存在します。窓口でスタッフと直接やり取りして、多くの場合その場で現金を受け取れる店舗型は、手軽で便利なものです。

しかし、「カード現金化」「カードでお金」などと書かれた街中のカラフルな広告を見ると、抵抗感を持つのも無理はありません。今回は、実店舗型の現金化業者の危険性についてお伝えします。

現金化業者の種類

現金化業者の運営方法は、インターネット型と店舗型の2種類に大別されます。
まずは、それぞれの特徴とメリットを見ていきます。

ネット完結業者

インターネット型現金化業者とは、店舗を構えず、オンライン上で申し込みを受け付けている業者です。基本的にメールや電話で連絡を取り合い、自宅だけで手続が完結するのが特徴です。
来店不要という手軽さから、最近人気を集めています。また、店舗の運営費がかからないため、換金率が高いのも魅力です。

メリット

  • 場所を問わず利用できる
  • 深夜帯も対応している
  • 店舗型に比べて換金率が高い傾向にある

店舗型業者

店舗型業者は、雑居ビルの一角などに店舗を構える現金化業者です。街中の広告を見た人たちが、店舗型業者に集まります。インターネット型とは違い、直接業者とやり取りできるため、すぐに現金化できるという特徴があります。

メリット

  • インターネットを使えない人も利用できる
  • その場ですぐに換金できる

このようなメリットがある店舗型業者ですが、実はハイリスクとも言われています。利用する前に、危険性を知っておきましょう。

店舗型業者はここが危険!

悪徳業者に脅される可能性がある

もし、悪徳業者の店舗に入ってしまった場合、業者の人間に脅されて無理やり契約させられることがあります。

例えば、換金率95%の現金化を期待して店舗に入ったものの、実際に提示されたのは換金率60%だったとします。断って他の店に行きたいと思っても、密室で複数の人間に囲まれて脅されると、中々逃げられません。力の弱い女性は、特に注意しましょう。

知人に見られる可能性がある

現金化は、実質的には借金と変わりません。できることなら、家族や友人には黙っておきたいですね。しかし、店舗に来店する所を偶然友人に見られてしまったら、瞬く間に知れ渡ってしまいます。クレジットカード現金化を周囲に秘密にしておきたい人は、来店不要のインターネット型業者を利用した方が無難です。

クレジットカード利用停止になる可能性が高まる

最近は、現金化の方法としては「キャッシュバック方式」が主流です。しかし、店舗型の場合は、未だに古典的な「商品買取り方式」が利用されることも多いです。すなわち、駅の窓口で新幹線チケットをクレジットカード購入し、それを現金化業者に売ってお金を手に入れるような方法です。

普段は新幹線回数券を購入しない人が、急に多くのチケットを購入する行為は、カード会社に怪しまれます。ショッピング枠現金化は、カード会員規約に違反する行為です。そのため、現金化がカード会社に知られると、カード利用停止処分になるおそれがあります。換金性の高い家電やゲーム機なども同様です。

まとめ

以上より、店舗型業者の利用には、一定の危険性があることが分かりました。その危険性は、インターネット型を利用することで軽減できます。そのため、現金化の方法にこだわりの無い方はインターネットで申し込みをした方が安全です。
どうしても店舗を利用したい場合は「1人で行かない」「いつでも助けを呼べる状態にしておく」等の対策を忘れないようにした上で店舗型のクレジットカード現金化業者を探しましょう

クレジットカード現金化の悪徳業者の特徴とは?

クレジットカード現金化業界に限ったことではありませんが、あくどいことを考える人というのは後を立ちません。
むしろ、法の目が行き届かないグレーゾーンであるがゆえに悪質な業者は一般的な業界よりも多いと言えるかもしれません。

悪徳なクレジットカード現金化業者の特徴を見破ろう

そんな悪徳現金化業者に騙されないためにも、業者を見極めるための目を養う必要があります!
現金化業者をチェックするための簡単なポイントを紹介しますので、業者に申し込む前には必ずこれらのチェックを通しましょう!

現金化業者のサイトに手抜き感があれば要注意!

まずは公式サイトに目を通すところから始めましょう。
クレジットカード現金化業者でもとくに悪質なところは、警察や消費者庁に目をつけられた時点で、サイトを閉鎖してまったく別の現金化業者を装って営業を再開するようなところがあります。
そうした業者の場合、サイトを潰しては作ってを繰り返すことになるために、一つのサイトにあまり手間とお金をかけられません。
直感で構いませんからサイトを見て手抜き感があれば、怪しいなと思う感覚を養いましょう。

現金化業者の会社概要の記載事項に不備はないか?

特に悪質な現金化業者の場合には、会社の記載事項が不自然なことが多いです。

  • 所在地の記載が曖昧
  • 代表者の名前がない
  • 連絡先が携帯の番号

など、警察から目をつけられたくないという思いの現れなのかツッコミどころの多い会社概要になっていることが多いのです。
逆に言えば、これらの項目をきちんと記載しているクレジットカード現金化業者は優良であることが多いということができます。

電話での対応は丁寧か?

最後は電話でのスタッフの態度が丁寧かどうかも重要なポイントです。
もし、強引に話を進めようとしてきたり、別の業者を進めてきたら、その現金化業者を利用するのはやめた方がいいです。
誠実な業者なら利用者が迷っていればアドバイスこそすれ、強引に契約をまとめようとはしませんし、別の業者に取り次ぐといって出てきたのが闇金業者ということもありえますから丁重にお断りしましょう。

こうした点に注意しておけば、悪質なクレジットカード現金化業者に頭の先から足のつま先までしゃぶられるような自体になることはまずありません。
ただし、利用は常に自己責任であることを肝に命じた上で現金化の申し込みをしましょう。
優良業者を探す時、利用をする前にも、ぜひ一度のぞいてみましょう!

今、人気のクレジットカード現金化!即日に現金調達できる秘密とは?

知っていると便利な「クレジットカード現金化」の秘密について、3つのポイントについてわかりやすく簡単にまとめてご紹介をさせていただきます!

  • クレジットカード現金化には審査がないって本当?
  • 現金化業者は貸金業じゃない?
  • 便利なクレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化には審査がないって本当?

クレジットカード現金化とは「ショッピング枠」を利用し現金へ還元する方法です。
当たり前のことですが買い物をする時に審査なんてしていないですよね?
クレジットカードで購入した商品を買い取ってもらったり、キャッシュバックを受け取ることにより即日に現金を入手できる方法なのです。
そのために審査が不要かつ誰にでも簡単に利用ができてしまいます。

現金化業者は貸金業じゃない?

すぐに現金を振り込んでくれると聞くとキャッシングやカードローンと同じかなと疑問に思う方もいらっしゃいますよね。
まず先に結論から申し上げますと現金化業者は賃金業ではありません。
例えば、もう遊ばないゲームや読み終わった本などを中古買取店に持って行って売却した場合、当然、売却した商品に応じた買取金額を受け取ることができますよね?
この仕組みとクレジットカード現金化で現金を入手する仕組みは、すごく大雑把な言い方にはなりますが同じです。
一度業者から購入したものを今度は業者に買ってもらうので、現金化業者と利用者の間にお金の貸し借りは成立しておりません。
なので、現金化業者は賃金業ではないのです。

便利なクレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化を行う際に最も重要で大切なことは優良な業者を選ぶことです。
ネットでも調べれば調べるほど沢山の現金化業者が出てきます。
まずどこを使っていいかもわかりませんし、口コミなんてなんとでも書けるので当てになりません!
ですが、簡単なポイントをいくつか覚えておくだけでも悪質な業者に捕まる可能性はぐっと低くなります。

①業者のホームページがしっかりと作り込まれているか

警察に目を付けられる可能性のある悪徳なクレジットカード現金化業者の場合は、店舗やサイトを畳んでは新しく作成することを繰り返しているため、店舗の内装が簡易的だったりホームページの作りが粗雑なものが多いです。
その点、優良業者であれば繊細に作り込まれていたり、会社概要や連絡先などしっかりと記載されています。
また、現金化をする際に業者は中古品を扱う古物商の営業許可を持つことが必須ですが、優良業者であればサイト内の目立つところや分かりやすいところに記載されています。

②知識があるスタッフの対応か

もし信頼できそうな現金化業者を見つけたら、その業者が本当に信頼できるかどうかを知るためにも一度電話をかけてみましょう。
本当に優良なクレジットカード現金化業者であればスタッフの接遇などの細かなポイントにまで気を配っているはず。
逆に悪徳業者は換金率や手数料などの肝心なところを濁したり答えてくれないところが多いので、怪しいポイントがないかスタッフの言動に傾聴しましょう。

また、この他にも審査が必要だからと言われ書類を過度に要求をされた場合も注意してください。
クレジットカード現金化に不要なはずの審査を持ち出すのなら悪質な業者の可能性大ですよ!
時と場所と人を選ばない便利なクレジットカード現金化だからこそ、安全に利用するための努力を惜しむとトラブルに巻き込まれることを覚えておきましょう。