「そのお金どうしたの?」家族に現金化やローン、副業を内緒にする方法

家族に内緒の借金がある、家族へサプライズプレゼントを計画している、じつは夫の生活費が足りていないなど、秘密はいけないこととはわかっていても、お金に関することは、家族であっても秘密にしたいという人もいるでしょう。
しかし、ちょっとした油断で家族に秘密を知られてしまうことも!平穏な家庭を守るために、お金に関する秘密をキープする方法を紹介していきます。

借金の場合

クレジットカードのキャッシングや、現金化、カードローンなどによる借金を家族にバレにくくするための方法とは?

自分名義のクレジットカードを使う

基本的にクレジットカード規約では、名義人以外の人がクレジットカードを使ってはいけないことになっています。
とはいってもネットやATMの取引では本人ではなくても、簡単に使えるということはあります。
しかし、利用した代金は名義人の口座から引き落としとなっていることが、ほとんどだと思いますので、なにかあった時には、バレやすいということがあります。
少しでもバレないためには自分名義のカードで、キャッシングや現金化を行うようにしましょう。

引き落としを管理する

クレジットカードを使ったキャッシングや現金化の場合は、引き落としの明細や、口座の引き落とし額から家族にバレてしまう可能性があります。
そのため、引き落としの通帳や明細書はあなたが管理するのが1つの方法で、明細書は郵送だとみられることもあるので、WEB明細にして毎月の引き落とし額の案内などは自分専用のメールアドレスに届くようにしましょう。

郵便物の管理

現金化業者の場合では、キャッシュバック式で購入した商品が自宅に送られてきます。
その際、自分が確実に自宅にいる時に届けばよいですが、時間帯を指定できない場合などでは、難しいこともあります。
そんなときは、最寄りの郵便局やコンビニで荷物を受け取るサービスを利用することで、こっそりと荷物を受け取ることができます。
また、借金に関する郵便物が頻繁に届くという方は、郵便物を最寄りの局に局留めとすることができます。
ただし、局留めは家族1人だけという対応はできず、家族全員分の郵便物が局留めになりますので、場合によってはさらに怪しまれる可能性もあります。

任意整理をする

任意整理とは借金を返済することが難しい方が、弁護士の力を借りて、融資者と交渉してもらい借金の減額を試みる方法です。
借金を整理する方法には、ほかに自己破産や民事再生といった方法もありますが、任意整理の場合は、弁護士と融資者との話し合いということで、裁判所を通すとったこともありません。
債務整理をすることで借金の減額だけではなく、ビクビクしていた督促状を泊めることも可能です。
任意整理の状況や結果などについて、弁護士から郵便物が届きますが、こちらは弁護士に依頼することで、家族にバレにくい方法で郵便物を送ってもらうことも可能だと思われます。無料で相談に乗ってくれる弁護士もいますので、まずは一度相談してみるとよいでしょう。

副業をバレにくくするためには

専業主婦でもブログやネットショップ、チャットレディなど家族のいない時間を使ってお金を稼いでいる人もいます。
副業を家族にバレないためには?

スマートフォンやパソコンはロックをかける

副業を行うには、スマートフォンやパソコンが必須アイテムといえます。
しかし、副業で使っているスマートフォンやパソコンを、家族の誰でも見れる状況だと、バレるのは時間の問題です。
スマートフォンやパソコンは自分専用にして、デスクトップにロックをかけましょう。
パソコンを共有にしている方は、タブレッドや格安のパソコンならば1万~5万ほどでも入手できますので、リスクを減らすために専用のものを購入した方がおすすめです。

専用メールアドレスを作成

YahooやGmailなどで自分専用のメールアドレスが無料で作ることができますので、副業専用のメールアドレスを持ちましょう。
このときアカウントが家族と共有にならないように注意します。

ネット銀行で専用口座を作る

通帳のないネット銀行は、いつでも取引ができるので副業用の口座として便利です。
早いところでは、ネット上で、即日に口座開設できるところもあります。
申し込みの際、ネット銀行からのお知らせは副業専用メールアドレスに届くようにします。

主婦の方は103万円の壁に注意

主婦の方ならば夫の扶養に入っている方が多いでしょう。
その場合、妻の収入が103万円を超えると配偶者控除が適用されず、夫の手取り額が減るので夫にバレるきっかけになります。
また、マイナンバーの導入にともない、無申告はバレるリスクが高いので注意しましょう。

副業禁止の会社員は難しい

会社員の場合は、住民税が会社に引き落としされる、年末調整を会社が行う、そしてマイナンバーの導入もともなって副業を家族にバレずには行えても、会社にバレずに行うことは難しいといえます。
副業が会社にバレて、ペナルティやクビにでもなれば結果として、家族にバレてしまう原因にもなりかねません。
現代では少しずつ副業を許可する会社も、現れはじめましたので、会社員の方は許可を得て副業を行う方が安全です。

クレジットカード現金化の悪徳業者の特徴とは?

クレジットカード現金化業界に限ったことではありませんが、あくどいことを考える人というのは後を立ちません。
むしろ、法の目が行き届かないグレーゾーンであるがゆえに悪質な業者は一般的な業界よりも多いと言えるかもしれません。

悪徳なクレジットカード現金化業者の特徴を見破ろう

そんな悪徳現金化業者に騙されないためにも、業者を見極めるための目を養う必要があります!
現金化業者をチェックするための簡単なポイントを紹介しますので、業者に申し込む前には必ずこれらのチェックを通しましょう!

現金化業者のサイトに手抜き感があれば要注意!

まずは公式サイトに目を通すところから始めましょう。
クレジットカード現金化業者でもとくに悪質なところは、警察や消費者庁に目をつけられた時点で、サイトを閉鎖してまったく別の現金化業者を装って営業を再開するようなところがあります。
そうした業者の場合、サイトを潰しては作ってを繰り返すことになるために、一つのサイトにあまり手間とお金をかけられません。
直感で構いませんからサイトを見て手抜き感があれば、怪しいなと思う感覚を養いましょう。

現金化業者の会社概要の記載事項に不備はないか?

特に悪質な現金化業者の場合には、会社の記載事項が不自然なことが多いです。

  • 所在地の記載が曖昧
  • 代表者の名前がない
  • 連絡先が携帯の番号

など、警察から目をつけられたくないという思いの現れなのかツッコミどころの多い会社概要になっていることが多いのです。
逆に言えば、これらの項目をきちんと記載しているクレジットカード現金化業者は優良であることが多いということができます。

電話での対応は丁寧か?

最後は電話でのスタッフの態度が丁寧かどうかも重要なポイントです。
もし、強引に話を進めようとしてきたり、別の業者を進めてきたら、その現金化業者を利用するのはやめた方がいいです。
誠実な業者なら利用者が迷っていればアドバイスこそすれ、強引に契約をまとめようとはしませんし、別の業者に取り次ぐといって出てきたのが闇金業者ということもありえますから丁重にお断りしましょう。

こうした点に注意しておけば、悪質なクレジットカード現金化業者に頭の先から足のつま先までしゃぶられるような自体になることはまずありません。
ただし、利用は常に自己責任であることを肝に命じた上で現金化の申し込みをしましょう。
優良業者を探す時、利用をする前にも、ぜひ一度のぞいてみましょう!