クレジットカード現金化の悪徳業者の特徴とは?

クレジットカード現金化業界に限ったことではありませんが、あくどいことを考える人というのは後を立ちません。
むしろ、法の目が行き届かないグレーゾーンであるがゆえに悪質な業者は一般的な業界よりも多いと言えるかもしれません。

悪徳なクレジットカード現金化業者の特徴を見破ろう

そんな悪徳現金化業者に騙されないためにも、業者を見極めるための目を養う必要があります!
現金化業者をチェックするための簡単なポイントを紹介しますので、業者に申し込む前には必ずこれらのチェックを通しましょう!

現金化業者のサイトに手抜き感があれば要注意!

まずは公式サイトに目を通すところから始めましょう。
クレジットカード現金化業者でもとくに悪質なところは、警察や消費者庁に目をつけられた時点で、サイトを閉鎖してまったく別の現金化業者を装って営業を再開するようなところがあります。
そうした業者の場合、サイトを潰しては作ってを繰り返すことになるために、一つのサイトにあまり手間とお金をかけられません。
直感で構いませんからサイトを見て手抜き感があれば、怪しいなと思う感覚を養いましょう。

現金化業者の会社概要の記載事項に不備はないか?

特に悪質な現金化業者の場合には、会社の記載事項が不自然なことが多いです。

  • 所在地の記載が曖昧
  • 代表者の名前がない
  • 連絡先が携帯の番号

など、警察から目をつけられたくないという思いの現れなのかツッコミどころの多い会社概要になっていることが多いのです。
逆に言えば、これらの項目をきちんと記載しているクレジットカード現金化業者は優良であることが多いということができます。

電話での対応は丁寧か?

最後は電話でのスタッフの態度が丁寧かどうかも重要なポイントです。
もし、強引に話を進めようとしてきたり、別の業者を進めてきたら、その現金化業者を利用するのはやめた方がいいです。
誠実な業者なら利用者が迷っていればアドバイスこそすれ、強引に契約をまとめようとはしませんし、別の業者に取り次ぐといって出てきたのが闇金業者ということもありえますから丁重にお断りしましょう。

こうした点に注意しておけば、悪質なクレジットカード現金化業者に頭の先から足のつま先までしゃぶられるような自体になることはまずありません。
ただし、利用は常に自己責任であることを肝に命じた上で現金化の申し込みをしましょう。
優良業者を探す時、利用をする前にも、ぜひ一度のぞいてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です