ショッピング枠現金化がカード会社から禁止される理由…バレない方法は?

「クレジットカードカード現金化は、違法ではないがカード会員規約に違反する」という事実は、広く知れ渡っています。
しかし、よく考えてみると、なぜショッピング枠の現金化はカード会社から禁止されているのでしょうか。厳しい規制の謎に迫ります。

なぜカード会員規約では、ショッピング枠現金化が禁止されているのか?

貸し倒れのリスクが高まる

1つ目の理由は、カード会社がお金を回収できなくなるリスクが上がるからです。そもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金化する人は、多重債務者であるなど、通常の借金ができない事情を抱えた人が大半です。

また、カード会社がお金を貸す場合、いわゆるカードローンの利用は、厳しい審査をクリアした上で限度額が決定されます。他方、ショッピング枠の現金化は、審査が必要ありません。カード会社からすると、審査せずに多額のお金を貸しているのと同じですから、こんなに怖いことはありません。

総量規制に違反するおそれがある

また、カード会社の中では「ショッピング枠現金化は、実質的には借金と同じ」という考えが一般的です。貸金業者は、総量規制を守らなければなりません。すなわち、年収の3分の1以上のお金を貸し付けることは、貸金業法で禁止されているのです。

高額なクレジットカード現金化を行なっていたり、借入総額が年収の3分の1を超えていたりすると、カード会社等は貸金業法違反に問われる可能性があります。

カード会社にバレたらどうなる?

では、もしカード会社に現金化していることが知られたら、どのようなデメリットがあるのでしょう。

カード利用停止処分になる

カード会社に現金化がバレたら、カード利用停止処分となり、クレジットカードが使えなくなります。さらに、カード代金の一括返済を求められることもありますので、注意しましょう。

自己破産できないおそれがある

もし、不幸にも多額の債務を抱えて返済できなくなった場合、自己破産という方法も視野に入ります。しかし、クレジットカードカード現金化は、破産法の「免責不許可事由」に該当しており、自己破産しようとしても免責されないという事態に繋がる可能性もあります。

バレずに現金化を行う方法

このように、現金化を行う場合は、決してカード会社にバレてはいけないことが分かりました。では、バレずに現金化するための注意点をお伝えします。

現金化業者を利用する

専門の業者を利用すれば、現金化がバレるリスクを大幅に下げられます。現金化業者はキャッシュバック方式を採用している所が多いです。キャッシュバック方式とは、業者が指定する商品を購入し、キャッシュバックとして現金を受け取る方式です。そのため、利用履歴に載るのは、換金性の高い商品ではありません。カード会社に利用履歴を確認されても、気づかれにくいのです。

換金性があるものの大量購入は避ける

一方、自分で現金化するときは、注意が必要です。例えば、自分に全く関係ない区間の新幹線チケットを急に大量購入した場合、カード会社に現金化を疑われることがあります。最初は少額からの現金化がおすすめです。また、カード会社から確認の電話が入った際には、言い訳を考えておきましょう。

キャッシング枠を使い切らない

最近は、カード会社による監視が厳しくなっています。カード会社の人が、ショッピング枠現金化している人を探すときは、まずキャッシング枠を使い切った人から目をつけるようです。そのため、現金化するクレジットカードのキャッシング枠は、それほど使わない方が良いでしょう。

まとめ

今回は、カード会社が現金化を禁止する理由と、カード会社にバレずに現金化する方法をお伝えしました。ショッピング枠現金化する際は、上記注意点を守った上で、カード会社に目をつけられないように気をつけてください。

今、人気のクレジットカード現金化!即日に現金調達できる秘密とは?

知っていると便利な「クレジットカード現金化」の秘密について、3つのポイントについてわかりやすく簡単にまとめてご紹介をさせていただきます!

  • クレジットカード現金化には審査がないって本当?
  • 現金化業者は貸金業じゃない?
  • 便利なクレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化には審査がないって本当?

クレジットカード現金化とは「ショッピング枠」を利用し現金へ還元する方法です。
当たり前のことですが買い物をする時に審査なんてしていないですよね?
クレジットカードで購入した商品を買い取ってもらったり、キャッシュバックを受け取ることにより即日に現金を入手できる方法なのです。
そのために審査が不要かつ誰にでも簡単に利用ができてしまいます。

現金化業者は貸金業じゃない?

すぐに現金を振り込んでくれると聞くとキャッシングやカードローンと同じかなと疑問に思う方もいらっしゃいますよね。
まず先に結論から申し上げますと現金化業者は賃金業ではありません。
例えば、もう遊ばないゲームや読み終わった本などを中古買取店に持って行って売却した場合、当然、売却した商品に応じた買取金額を受け取ることができますよね?
この仕組みとクレジットカード現金化で現金を入手する仕組みは、すごく大雑把な言い方にはなりますが同じです。
一度業者から購入したものを今度は業者に買ってもらうので、現金化業者と利用者の間にお金の貸し借りは成立しておりません。
なので、現金化業者は賃金業ではないのです。

便利なクレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化を行う際に最も重要で大切なことは優良な業者を選ぶことです。
ネットでも調べれば調べるほど沢山の現金化業者が出てきます。
まずどこを使っていいかもわかりませんし、口コミなんてなんとでも書けるので当てになりません!
ですが、簡単なポイントをいくつか覚えておくだけでも悪質な業者に捕まる可能性はぐっと低くなります。

①業者のホームページがしっかりと作り込まれているか

警察に目を付けられる可能性のある悪徳なクレジットカード現金化業者の場合は、店舗やサイトを畳んでは新しく作成することを繰り返しているため、店舗の内装が簡易的だったりホームページの作りが粗雑なものが多いです。
その点、優良業者であれば繊細に作り込まれていたり、会社概要や連絡先などしっかりと記載されています。
また、現金化をする際に業者は中古品を扱う古物商の営業許可を持つことが必須ですが、優良業者であればサイト内の目立つところや分かりやすいところに記載されています。

②知識があるスタッフの対応か

もし信頼できそうな現金化業者を見つけたら、その業者が本当に信頼できるかどうかを知るためにも一度電話をかけてみましょう。
本当に優良なクレジットカード現金化業者であればスタッフの接遇などの細かなポイントにまで気を配っているはず。
逆に悪徳業者は換金率や手数料などの肝心なところを濁したり答えてくれないところが多いので、怪しいポイントがないかスタッフの言動に傾聴しましょう。

また、この他にも審査が必要だからと言われ書類を過度に要求をされた場合も注意してください。
クレジットカード現金化に不要なはずの審査を持ち出すのなら悪質な業者の可能性大ですよ!
時と場所と人を選ばない便利なクレジットカード現金化だからこそ、安全に利用するための努力を惜しむとトラブルに巻き込まれることを覚えておきましょう。