ショッピング枠現金化がカード会社から禁止される理由…バレない方法は?

「クレジットカードカード現金化は、違法ではないがカード会員規約に違反する」という事実は、広く知れ渡っています。
しかし、よく考えてみると、なぜショッピング枠の現金化はカード会社から禁止されているのでしょうか。厳しい規制の謎に迫ります。

なぜカード会員規約では、ショッピング枠現金化が禁止されているのか?

貸し倒れのリスクが高まる

1つ目の理由は、カード会社がお金を回収できなくなるリスクが上がるからです。そもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金化する人は、多重債務者であるなど、通常の借金ができない事情を抱えた人が大半です。

また、カード会社がお金を貸す場合、いわゆるカードローンの利用は、厳しい審査をクリアした上で限度額が決定されます。他方、ショッピング枠の現金化は、審査が必要ありません。カード会社からすると、審査せずに多額のお金を貸しているのと同じですから、こんなに怖いことはありません。

総量規制に違反するおそれがある

また、カード会社の中では「ショッピング枠現金化は、実質的には借金と同じ」という考えが一般的です。貸金業者は、総量規制を守らなければなりません。すなわち、年収の3分の1以上のお金を貸し付けることは、貸金業法で禁止されているのです。

高額なクレジットカード現金化を行なっていたり、借入総額が年収の3分の1を超えていたりすると、カード会社等は貸金業法違反に問われる可能性があります。

カード会社にバレたらどうなる?

では、もしカード会社に現金化していることが知られたら、どのようなデメリットがあるのでしょう。

カード利用停止処分になる

カード会社に現金化がバレたら、カード利用停止処分となり、クレジットカードが使えなくなります。さらに、カード代金の一括返済を求められることもありますので、注意しましょう。

自己破産できないおそれがある

もし、不幸にも多額の債務を抱えて返済できなくなった場合、自己破産という方法も視野に入ります。しかし、クレジットカードカード現金化は、破産法の「免責不許可事由」に該当しており、自己破産しようとしても免責されないという事態に繋がる可能性もあります。

バレずに現金化を行う方法

このように、現金化を行う場合は、決してカード会社にバレてはいけないことが分かりました。では、バレずに現金化するための注意点をお伝えします。

現金化業者を利用する

専門の業者を利用すれば、現金化がバレるリスクを大幅に下げられます。現金化業者はキャッシュバック方式を採用している所が多いです。キャッシュバック方式とは、業者が指定する商品を購入し、キャッシュバックとして現金を受け取る方式です。そのため、利用履歴に載るのは、換金性の高い商品ではありません。カード会社に利用履歴を確認されても、気づかれにくいのです。

換金性があるものの大量購入は避ける

一方、自分で現金化するときは、注意が必要です。例えば、自分に全く関係ない区間の新幹線チケットを急に大量購入した場合、カード会社に現金化を疑われることがあります。最初は少額からの現金化がおすすめです。また、カード会社から確認の電話が入った際には、言い訳を考えておきましょう。

キャッシング枠を使い切らない

最近は、カード会社による監視が厳しくなっています。カード会社の人が、ショッピング枠現金化している人を探すときは、まずキャッシング枠を使い切った人から目をつけるようです。そのため、現金化するクレジットカードのキャッシング枠は、それほど使わない方が良いでしょう。

まとめ

今回は、カード会社が現金化を禁止する理由と、カード会社にバレずに現金化する方法をお伝えしました。ショッピング枠現金化する際は、上記注意点を守った上で、カード会社に目をつけられないように気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です